ガラスのトラブル

2重ガラスの断熱・遮熱性能とLow-Eガラス

窓は空気が逃げやすい

部屋の空気が一番逃げやすい箇所が窓ということをご存じでしたでしょうか。
窓は室内全体の50%もの熱が逃げている場所です。

特にアルミサッシは熱貫流率が高く、外の冷たい空気が中にも伝わりやすくなっています。
極論を言うと、断熱性能を高める一番良い方法は窓をなくし全面壁面にする事なのですが、
それは生活をする上でも無理ですし、建築基準法でも採光基準が決まっています。
そこで同じ採光を確保しながら断熱性能を高めようとして開発されたのが
2重ガラス(複層ガラス)なのです。

2重ガラスの断熱効果について

それでは2重ガラスはなぜ断熱性能が高いのでしょうか。
2枚のガラスの間にある空気層がポイントです。ここには乾燥空気が入っています。
乾燥空気とはその名の通り水分を含まない乾いた空気です。

水分を含んだ空気の場合、結露が起こる可能性がある為、乾燥空気が使用されます。
そして空気層は対流が起こらない状態ですので、熱を伝えにくいのです。
(更に断熱効果を高める為、空気層を真空にしている商品もございます。)
一般的に空気層は厚い方がより断熱性能が上がります。

高性能複合ガラス(Low-E)について

高性能複合ガラス(Low-E)とはLow-E金属膜をコーティングしたガラスで、
鏡のように太陽光線や冷暖房熱をカットします。
断熱フィルムをより高性能にしたものだとお考えください。

Low-EとはLow Emissivity(低放射)の略で、夏は熱を中に入れにくく、
冬は暖かい空気をにがしにくく、断熱性と遮熱性をより高めてくれます。
更に紫外線(UV)もカットしますので、お肌にも優しいです。

Low-E金属膜は通常屋外側のガラスの内側に付けられており、これを遮熱高断熱複層ガラスと呼びます。
逆に室内側ガラスの外面に付けられたものを高断熱ガラスといいます。
北海道や東北地方の場合、冬は暖かい日差しを充分取り込むべきである為、
比較的寒い地域では遮熱効果を抑えた高断熱ガラスを使う事が多いです。

 

 

ご相談無料!お気軽にご相談ください!
親切・丁寧な施工を心がけています。
ご相談・お問い合わせはこちら!24時間365日対応しております!! 0120-996-974
MENU
  • トップページ
  • ガラスのトラブル
  • ガラス修理情報
  • 防犯ガラス
  • 強化ガラス
  • 防音ガラス
  • 2重ガラスとは
  • 自動車ガラスのトラブル
  • 鍵のトラブル
  • 水道のトラブル
  • 鏡の新規取付・交換
  • エコカラット 調湿・脱臭・VOC吸着壁材
  • 網戸・サッシのトラブル
  • クロスの張り替え
  • ハウスクリーニング
  • 補助鍵・防犯グッズ
  • エアコン修理・取付
  • エアコンクリーニング
  • 蜂の巣駆除
  • iPhoneの修理
  • お問い合わせ
  • 法人のお客様へ

当社では個人のお客様だけでなく、法人、マンション・オフィスビルのカギ・ガラス交換も行っております。

施工事例
インロック解錠
ガラス/フィルム販売・取付
カギのトラブル24時間対応!!
対応エリア

アクセスマップ

クリックすると地図を表示します。

ガラス店
クイックキャット24

〒189-0002
東京都東村山市青葉町1-19-1
TEL:0120-996-974

武蔵野市、西東京市、所沢、
小平市、練馬区、杉並区、
武蔵村山市、東久留米市、
立川市、上尾市、富士見市、
戸田市、東村山市、三鷹市、
川崎市、宮前区、茅ヶ崎市、

その他多数の拠点がございます。

QRコード

QRコード

携帯電話で読むことのできる 簡単な会社概要をご用意しました。
出先での急なご入用、カギのトラブルなどのためにお使いください。

Facebookページ

スタッフブログ

リンク集